手術当日@犬

アルフを朝一で近所の動物病院に預けて、手術に送り出してきました。

実際に手術が行われるのは(そこの動物病院の獣医さんが以前勤めていた)大きい病院だそうで、お昼にそこへ搬送して手術→終わったら動物病院へUターンという流れです。

……てぇことで時間は流れて本日夕方。

様子を確認しに動物病院へ行ってきました。
パッと見た感じ。

なんか普段と変わらんねぇ……

という具合でした。

お腹にはしっかり切り傷with縫い糸があるので手術したのは間違いないですが。
痛みで震えたりとかしているかと予想していたんですけど、表面上はシレッとしておりました。
ま、実際のとこはかなり痛いんでしょうが……( ̄~ ̄;)

で、摘出された「石」を見ましたが、茶と白のマダラみたいな色で、表面がぶつぶつでした。
結構気色悪い配色と形ですね(;´ρ`)
大きさは7~8mmってところでしょうか。1cmはなさそうでした。
あと、完全な球状でなく若干扁平でした。
ああいうのが体の中で勝手にできるというのは、なかなか不思議なものです。

という感じで、10分ほど面会したあとアルフとはいったんお別れ。
明後日の夜に正式な引き取りとなります。
今夜は点滴だそうな……お金が飛ぶ……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください