液晶テレビ購入

37型フルHD液晶で、東芝のREGZAかシャープのAQUOSか……というとこまで絞ってから突撃してきました。
価格コムの書き込みによればヨドバシやビックは値引きが辛いということで、ターゲットはケーズ・ヤマダ。

結果。

ケーズデンキで、「広告の品」(いわゆる客寄せパンダ)でREGZAが22万、値引き無しでした。

対するAQUOSは店頭表示価格が30万代前半、値引いて26万ぐらい。って差がありすぎであろ……

正直このREGZA22万で手を打っても満足だったのですが、一応お店巡りをしとこうということで、とりあえずREGZA22万の値札をケータイのデジカメに撮ってから次のお店へ移動。

ヤマダ→コジマといったものの、最初のケーズを越えることはできず。

最後に別のヤマダへ突入して、そこでケーズの値段を話したら店員からREGZAで26万のポイント15%の条件提示(ポイントを引くとだいたい22万ちょい)。
「できればポイントより現金の方がいい」「買うとしたら今日買う!」とか話をしていたら、「22万、ポイント1%」の条件が来ました(*´д`*)

で、まあいっか~ということでここで確定。
精算したら店員さんが「おまけでポイント2%にしておきました~」と。

……ん、ということは何ですな、もう少しごねたらもうちょい値引きできたのでしょうか(笑)。

ともあれ、24日にフルHD液晶さんが到着予定です。
当分は節制しなければ……。

で、購入した後で書くのもなんですが、REGZAには若干気になる点が。

情報収集したかぎり、REGZAの37Z2000ではドットバイドット表示ができないのですな。
(そういえば最初に行ったケーズの店員さんは単語の意味がわかってなかった)

普通にPC繋いで使う分には1920×1080で出力すればよいのですが、気になるのはゲームをやるとき。
より具体的に言えばFF11をやるとき(笑)。
1024×768ぐらいの解像度でやると、べちゃっと横に潰れそうで怖い……こればっかりは実際に試してみないとなんともですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください