膀胱結石@犬

何だかな、なネタですが。
我が家の犬ことアルフ(パピヨン、♂、6歳)が膀胱結石なるものになってしまいました。

先日から時々おしっこに血らしき赤いのが混じるようになって、動物病院に連れて行って検査したらそういう病気ですと。
レントゲンを撮って見たところ、1cmぐらいの石らしきものが写っておりました。

……て、小型犬のサイズ→その膀胱のサイズ……と推測すると、めちゃくちゃデカイような気がするんですが(・・;)

ともあれ、これが膀胱を傷つけて血が混じる「らしい」ので、セップクしてこれを摘出することに。
手術予定日は来週の8日でございます。二泊三日で、10日に退院予定。

んでまあ、できてしまったものはしょうがないというか、放置するわけにもいかないので手術自体はやむを得ないのですが。
犬の手術(だけでなく予防注射とか諸々も)って、保険が効かないからえれ~高いのですよ。

今回の膀胱結石に関して言えば……

・膀胱結石かどうかの検査費用:2万円少々(ちなみにレントゲンは1枚7千円)

・膀胱結石の開腹手術:10万円ないし13万円(手術後にご飯を食べなくて点滴すると値段が跳ね上がるらしい)

という感じでございます。
これに、時節柄狂犬病とか混合ワクチンとかで合わせて1万少々、フィラリアの薬で1万弱……あと餌が当面専用食に切り替え……とか足していくと、今月中に20万ほど吹っ飛びそうです。
……改めて金額を書き出すと鬱になってきます_| ̄|○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください